自己破産をしたことがあるのに住宅ローンは通った?!体験談と解決策




自己破産をしたことがあるのに住宅ローンが通ったという人が居ると、自分も大丈夫なのかなと悩みますよね。

自己破産をした経験が会っても、住宅ローンが通ったという場合、それはなぜなのか、知りたいですよね。

そこで自己破産をした経験があるのに住宅ローンに通ったという体験談と解決策をお送りします。

自己破産の住宅ローンが通ったの体験談1

質問

自己破産して住宅ローンの審査が通った、組めた方居ますか?

回答

事故情報が消えて、年収や勤務歴等属性が良ければ審査に通った人はいますよ。

住宅ローンを組めるのです。

但し、自己破産の信用情報は7年~10年は保存しています。

また、10年を過ぎてもその事実が審査担当の記憶に残っていれば、心象が悪く不可となる事もまります、ですので10年経ていれば必ずしもOKとは言えません。

但し、姓名と住所が変われば破産ではないですが、稀に信用情報に事故があっても通ったという事を聞いた事があるので、特殊な要因があって通ったという方もいます。

自己破産をしたのに住宅ローンが通ったという人はいる?の体験談2

質問

自己破産した方で官報に乗っている間(10年未満)に住宅ローンが通った方、いますか?

自己破産した理由や額によって程度がちがうとかあるのでしょうか。

回答

自己破産した理由等は関係無いです。

自己破産したときの債権業者関連の金融業者では永久に借りれない可能性の方が高いです。

社内のデーターは永久保存していますよ。

自己破産したのに本審査は通る?の体験談3

質問

労金の住宅ローンの本審査中です。しかし11年前に事故破産しているのです。

踏み出した会社は全てサラ金ですが。労金の住宅ローン本審査が通ったという例はありませんか?

回答

自己破産が11年前なら個人信用情報機関の中でも厳しいKSCでも自己破産などの裁判事案は10年を超えない期間、記載なので、普通なら消えます。

労金で本審査中ということは事前審査は通ったのですか?
労金は事前審査で個人信用情報機関を開示しますよ。

物件担保価値や違法建築物などでなければ可決します。

自己破産をしたのに住宅ローンが通ったというのは実際にあるのですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です